プレス機を利用する

CDにはプレス盤とコピー盤があります。両者の違いをもっとも簡単に表すと、プレス盤は初めから音楽などが記録されているCDで、コピー盤は自分でブランクディスクにデータを書き込むCDということです。 プレス盤はスタンパーと呼ばれる金型の原盤を製作し、それをもとにプレスをしてくぼみをCDにつけます。CDはこのくぼみに光を当てて反射光から信号を読み取ります。一方でコピー盤というのは色素膜にレーザー光を当てて、その熱によって色素膜を変形させてくぼみを作り出します。コピー盤は色素によってくぼみを作っているのでまた熱などによって色素膜が変わると読み取りができなくなってしまいます。一方でプレス盤はプレスでくぼみを作っているのでコピー盤よりも寿命が長いです。

 CDプレスは専用のプレス機がないとプレスができません。プレス機はとても大きく高いし、プレスをするのにスタンパーを制作する必要があります。とてもじゃないが個人で所有できるものではありません。しかし、何かのイベントでCDを大量に配布、販売するときにコピーよりプレスがいいと思う人もいるはずです。そんな人におすすめなのがCDプレスの外注サービスです。CDプレスの外注サービスならディスクのみだと1000枚15000円でプレスできます。これはディスクのデザインがシンプルになってしまいますが、CD-Rを1000枚購入するよりも安いこともある値段ですので非常にお得です。CD-Rだと手間が掛かったり、寿命も短く、品質もバラバラです。CDを大量に作成する場合はCDプレスを外注することがおすすめです。